過払い請求の知識

集団訴訟によるB型肝炎訴訟

現在の日本国内では集団訴訟によるB型肝炎訴訟が非常に多くおこなわれています。

B型肝炎訴訟を起こした原告側の人々と弁護士の活躍によって、それらのB型肝炎訴訟の結果、厚生労働省は肝炎感染者に対して給付金を支払うことになりました。

支給されるB型肝炎給付金は1948年から1988年の集団予防接種において肝炎に感染した人々に対しておこなわれ、その金額は病態によって大きく変動します。

厚生労働省ではこれ以上の肝炎感染者を出さないために、病院側に対して厳戒な指導を徹底しています。1958年から注射針を、1988年から注射筒を取り換えるように勧告を出したのです。

B型肝炎訴訟の経緯について

B型肝炎は母子感染または感染者の血液等の体液が身体に混入することによって感染する病気で、急性肝炎等の症状が出ます。日本では昭和23年以降、法律によって幼少期の集団予防接種が義務付けられていますが、予防接種が始まった当初、国は危険と知りながらも注射器の針を交換せずに何人もの子どもに使い回しており、昭和63年までそのような状態が続きました。

そのため、多くの人がB型肝炎に感染しました。国の推定では感染者は40万人以上といわれています。このときのB型肝炎の感染者が国に対して起こした訴訟がB型肝炎訴訟です。国は平成23年に責任を認め、損害賠償金の支給も行われています。

B型肝炎訴訟の特徴について

昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種などの際に注射器を使い回されたことが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人は症状に応じた給付金を受け取ることができます。B型肝炎に感染しているすべての人に支払われる制度ではなく、いくつかの条件を満たしていることが必要なため自分が対象であるか確認することが必要です。

給付金請求を行うためには国に対して訴訟を起こし、和解を成立させるなどの手続きが必要になります。個人でB型肝炎訴訟を進めることも可能ですが訴状の作成など慣れない手続きや手間も多いため弁護士に依頼することがおすすめです。

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るまでにかかる日数は

B型肝炎訴訟を起こした場合に、給付金が支給されるまでにかかる期間は半年から1年程度です。しかし和解期限が近付いてくると原告者数が増加傾向にありますので、1年以上かかる場合があります。また提出した書類に不備があった場合は、再提出をしなくてはいけません。

再審査期間が追加でかかりますので注意が必要です。和解までの期間を少しでも短くするためには、証拠集めをしっかりとする必要があります。全ての書類を集めることが出来ない場合は、弁護士と相談をして、代替書類に変えることが出来るので、弁護士としっかりと相談をするようにしてください。

B型肝炎訴訟、給付金の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

B型肝炎訴訟関連