過払い請求の知識

過払い

専門家に過払いを相談

過払い請求は貸金業者に対して、払い過ぎている利息分を返還するように請求することです。

借金の契約書や領収書が無くても、通帳に返済記録が残っている場合や貸金業者に取引履歴を開示してもらえば、過払い請求することができます。

最近は過払い請求をする人が増え、貸金業者も困っているようです。

過払い請求をする時に、再三の請求に関わらず長期にわたって取引履歴の開示を拒んだ貸金業者は違法行為になります。

もし、違法行為を犯した場合は、弁護士費用や慰謝料の損害賠償請求をすることができます。

違法行為と認められるには少なくとも口頭で3回、書面で3回以上の請求が必要とされていますが、貸金業者が対応してくれないという場合は請求してみることも良いのではないでしょうか。

過払い金は完済していても請求できる

過払い金は、完済していても請求が出来ます。しかし、最後に返済をした時点から10年間が過ぎていると、時効にかかります。時効は援用をしなければ意味がありませんが、相手は金融機関なので、時効は援用されてしまうでしょう。

過去に過払い金が発生していて、その借金はとっくに返済をしてしまった人でも、完済をしてから10年が経過していないなら、まだ請求することができます。

時効にかかっていなくても、会社が倒産してしまったら請求ができなくなるので、早い段階で過払い請求をしてしまいましょう。弁護士報酬は正式に依頼をするまでは発生しないので、まずは相談を受けてみましょう。

多重債務時に利用する過払い請求について

過払い請求は貸し金業者に借金を返し終わって取引が済んでいる人が、払いすぎた分のお金を返してもらうための請求ですが、多重債務に陥ってどうしても借金が返せなくなった人にも使える方法です。貸金業者からお金を借りていて現在取引中の場合は、過払い請求が債務整理になります。

多重債務状態では自分で何とかしようとしても困難ですから弁護士に相談するのが賢明です。債務整理の中でも比較的簡単とされるのが任意整理ですが、借り入れしている業者から合意が得られないことには手続きが進められません。弁護士の交渉力によるところが大きいですが、自己破産されては貸し付けた金銭を取り戻せなくなるので、合意する業者が多いです。

多重債務と過払い請求の関連について

貸金業者との取引中で借金を返し終えていない場合は、過払い請求は債務整理になります。多重債務に陥っている場合は返済が困難です。早めに弁護士に相談をするのが賢明です。弁護士 に依頼をして受託されれば、本人への取り立ては止まります。取り立てが止めれば精神的にとても楽になります。

借金をしている本人が、弁護士に依頼せずに貸し金業者に返還請求をしても、取り立てが止まる事はありません。任意整理のメリットは、将来金利がカットされるために金利負担がなくなる事です。また、情報が官報に載る事がありませんが、自己破産のように借金が免責されることがありません。

過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京の多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。