過払い請求の知識

過払い請求の事項について

過払い請求の事項を見ると、そこには時効が在ると言う事が明記されています。 時効と言うのは、簡単に言えば過払い金が発生していたとしても返還請求の権利を失うと言う事であり、一般的に過払い金の時効は10年と言われています。

しかし、時効は10年と言われても、現在も返済をし続けている場合には時効が在るわけではなく、過払い請求の事項の中では返済が完了してからと言った注意書きが行われているのが特徴で、8年前に完済をしている場合には2年後に時効を迎える事になり、当月に完済をしている場合には約10年後に時効を迎えると言う意味になります。

過払い請求は交渉力のある弁護士 に依頼します

貸金業者との取引が済んでいる方で、グレーゾーンで払いすぎた利子を、正当な金利に換算して、払いすぎた分を返してもらう事を過払いの請求といいます。取引期間が長ければ長いほど戻ってくるお金は高額になります。貸金業者に個人で交渉するのは困難です。

過払い請求の可能性があると思われる方は、早めに弁護士に相談するのがおすすめです。貸し金業者が倒産したら、交渉の途中でもお金はもどりません。過払い金を請求できる期限が決まっているので、期限内に取り戻す事が大事です。時効が来たらお金は戻ってきません。現在貸金業者と取引中であれば、過払い金の請求は任意整理になりますので注意が必要です。

過払い請求は弁護士に相談するのがベスト

過払い金は、カードローンやキャッシングなど金融機関からの借金の際、金融機関に支払いすぎていた利息のことを言います。いわゆるグレーゾーン金利という利息制限法の上限を上回る利息が金融機関に取られ続けた期間がありました。

その後、違法性が認められ、法律を上回る分の過払い金を請求できるようになりました。このような理由から、長期間借金の返済を続けてきた人には過払い請求により過払い金を取り戻せる可能性があります。現在も借金の返済が続いている場合は、借金がなくなり現金が戻ってくるケースもあるため、まずは弁護士に自身の過払い金の有無について相談することがおすすめです。

多重債務で1つだけ過払い請求を行う

多重債務の全てで、過払い金の発生している借入となる可能性は低いです。普通に借りているだけで、返済しても過払い金とならない方法も幾つかあります。過払い請求では、多重債務の1つだけに絞って、全額返して貰う方法もあります。

金額がかなり大きなものだけ回収して、返済に充てるなどの方法を使っていれば、無理をしなくても大丈夫です。効果的に回収していくことが重要になっていますし、無理をして失敗することだけは避けたいものです。金額で高いと思っているところから回収しながら、安心できる環境を作って取り掛かってください。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連