過払い請求の知識

B型肝炎の訴訟費用と原告の立場

B型肝炎の訴訟費用が高いというのは、承知の事実だと思いますが、勝訴をすればその分だけのお金を手に入れることができます。

裁判の制度として勝った場合は、負けた側に今まで使ってきた裁判費用を支払う義務があります。つまりは勝てばいいのです。原告の立場としてB型肝炎の訴訟というものはかなりの度胸がいるものです。

しかし、B型肝炎については国が負けているのが現状です。そのため、訴訟費用を改修させ、原告の立場を明らかにすることも可能になってきます。裁判は常にチャレンジです。

是非、裁判をして悔いの残らないようにしてください。

B型肝炎訴訟の流れを知る

集団予防接種で注射器を使いまわしていたことが理由で、ウイルス感染をしてB型肝炎を発症してしまい、現在も悩まされている人がいます。そうした方々には病状に応じた給付金が国から支払われる制度があり、母子感染した人も受け取る権利があります。

この給付金をもらうには、B型肝炎訴訟を起こす必要があります。訴訟の流れは、まず弁護士に相談し、支給対象者であることを証明する書類を集めます。そして裁判所へ提訴、和解すると給付金の請求・受け取りとなります。条件を満たしていれば給費金が支払われるケースがほとんどですが、自らが支給対象者であることを知らない方も多くいます。

あなたも実はB型肝炎訴訟の対象では…

日本では昭和23年以降、幼少期に集団予防接種が義務付けられていました。その時の注射器の連続使用によって本人はまったく気づかずに約40万の人がB型肝炎ウィルスに感染してしまったとされています。ウィルスの感染者は慢性肝炎や肺がんなどの発症リスクが高まるため、日本全国で多くの人が苦しんできました。

これらの被害者が国に責任追及を求め、損害賠償などを求めた裁判がB型肝炎訴訟です。現在では国がその責任を認めため、B型肝炎ウィルス感染者および母子感染者への救済として対象者への給付金の付与が行われています。対象者への給付金の付与はいくつかの条件を全て満たした場合のみ、受けることができます。

B型肝炎訴訟って何?

B型肝炎訴訟という言葉をたまに見かけることがあるのですが、具体的にはどういった訴訟のことを指しているのでしょうか?そもそもB型肝炎というのはB型肝炎ウイルス(HBV)に感染することによってかかる肝臓の病気のことを指します。

小さい時の予防接種の際に注射器の使いまわしの結果、B型肝炎にかかってしまった人たちが国に対して興すことができるのがB型肝炎訴訟です。B型肝炎にかかっている人なら誰でも起こすことができるというものではなく、きちんとした条件があり、それに当てはまる人たちが起こすことができるような制度になっています。

B型肝炎訴訟、給付金の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

B型肝炎訴訟関連