過払い請求の知識

過払い請求にかかる費用

過払い請求をあなた自身で申し立てるのであれば、費用は一切かかりません。法律に詳しく、金融業者のインチキをすべて見破り、正当な過払い金を受け取れるならば、ご自身で申し立てる方が、間違いなく良いです。

ですが、金融業者もプロですので、多くの場合は過払い金を減額するような何かしらの策を使ってくるでしょう。

では、弁護士や司法書士に依頼した場合はどうでしょうか?
一般的には、取り戻せた過払い金返還額に対し約20%が弁護士、司法書士への手数料となります。

自身で申したてた場合、結果的に、弁護士や司法書士に依頼した分の費用を差し引いた額より少ない額しか返ってこないことはよくあります。

面倒な手間を省けますし、何より安心できますので、本当に自信のある方以外は出来るだけ弁護士や司法書士に依頼する方が賢明だと言えます。

多重債務は過払い請求で解決します

多重債務に陥ってしまって、どうしても返済できない状況になったら、 過払い請求などの債務整理を考えるのが賢明です。貸し金業者との交渉は個人では困難です。まずは、弁護士に相談する事がおすすめです。過払いの請求は、貸し金業者との取引が済んでいる場合は、債務整理にはなりません。

安心して請求できます。貸金業者との取引期間が長ければ長いほど、戻ってくるお金は高額になります。貸金業者との取引中で任意整理を行う為には、過払いの請求をして、払いすぎたお金を引き算して返済額を減らします。返済期間も3年から5年の期限を伸ばします。

多重債務 になったら過払い請求を利用します

2社以上の貸金業者と取引がある方を多重債務者といいます。返済期限になっても、返すお金が都合できなくて 、新たに新しく貸金業者と取引をはじめてしまい、取引する業者が増えていく事も多々あります。時がたつにつれて、貸金業者との取引が、2社、3者と増えていく可能性があります。

この状態になったら迷うことなく弁護士に相談をする事が賢明です。まずは、任意整理として過払い請求をします。グレーゾーンで払いすぎた利子の分を引いたお金から引き算して借金を減らします。返済期限を延ばして3年から5年の間で返済していきます。

過払い請求も弁護士の案で考える

弁護士が提供している案をベースにして、過払い請求を行っていくこととなります。行っていく方法が楽なように思わなくても、回収できることを前提に進めていかないと失敗してしまいます。

大きな改修を行っていく場合もありますから、過払い請求を実施したいならお願いして、案を提示してもらいます。その上で弁護士が提供しているものが良いか判断して、自分なりに答えを出してください。もしかしたら、別の方法を提供してもらったほうが良いこともあります。他にもないか相談してみるのもいいですし、自分なりに知っている情報をぶつけてもいいです。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京の多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。