過払い請求の知識

B型肝炎訴訟での和解に必要な医療記録

B型肝炎訴訟では、自分が肝炎に感染させられた当時の医療記録が必要になります。

B型肝炎への感染は、幼少期であることもあるため、なるべく早い時期に感染に気づき、書類をそろえることが大事です。

書類がそろっていて、自分が国の方針でおこなわれた医療行為によって感染させられたことが証明できれば、B型肝炎訴訟からすぐに和解金が支払われます。

なかなか記録が見つからない時には、自分が育った場所に出向いたり、と体力が必要な状況になることもあります。そうした事態を避けるため、B型肝炎検査はすぐにでもおこない、感染の有無を確かめるべきです。

B型肝炎訴訟の成り立ち

日本国内では昭和23年から、予防接種法が制定されました。これにより、主に児童を対象として集団予防接種が各地で行われましたが、その際に注射器を連続で使用したことで、およそ40数万人もの国民がB型肝炎ウイルスに感染させられてしまったのです。

これらの被害者は国から何の救済も受けることがなく、将来発症する不安や慢性肝炎、肝がん、肝硬変などの病気で苦しんできました。こういった方々が法的責任に基づいて、国に損害賠償を求める裁判が、B型肝炎訴訟なのです。自身が集団予防接種時の感染被害者であることを知らない方がたくさんいることから、全国各地の医療機関などで働きかけがおこなわれています。

B型肝炎訴訟時の弁護士の選び方

B型肝炎訴訟を起こす際には、ほとんどの場合弁護士に依頼します。弁護士を選ぶ際には、第一に費用などの金銭的な負担が気になるところです。法律事務所によって費用は異なるため、複数の事務所のホームページなどをチェックすることが大切です。

費用は安いに越した事はありませんが、B型肝炎訴訟において難しい事案にも取り組んでいる事務所なのかを、しっかりと見極める必要があります。実は多くの法律事務所で、B型肝炎の訴訟を依頼する事は可能です。しかし、困難な事案を受け入れてくれる事務所は少ないといわれているので、下調べは入念におこないましょう。

B型肝炎訴訟にかかる期間は

B型肝炎訴訟で相談から和解成立までにかかる期間は6か月から1年程度が一般的です。しかし。若い期限が近付いていることから原告者数が増加傾向にあり、日数がかかるケースが増えています。

また証拠書類の提出後に国から追加の資料を求められた場合はさらに再審査期間が必要なので6か月程度伸びることがあります。和解成立までの期間を早めるには、証拠書類をいかに効率的に集めるかです。証拠書類を完璧に集めることが出来る人はとても少ないので、代替え書類などで対応することが出来ますので、弁護士と密に連絡を取ることが期間短縮の近道です。

B型肝炎訴訟、給付金の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

B型肝炎訴訟関連