過払い請求の知識

債務整理と過払い請求

基本的に債務整理を行うと、自己破産、任意整理、民事再生の中から適切な方法を選択して実施する分けですが、これらは過払い請求とはちょっと異なります。

自己破産、任意整理、民事再生においては、借金の返済能力がない時に活用するものです。

しかしながら、過払い請求というのは必ずしも返済に困った人が行うものではありません。中にはすべての借金を完済している人も行う事があり、本来は支払わなくていいお金をまた自分の所に取り戻すというものですので、異なるものと考えられます。

また、他の債務整理を行う時に、まず取り戻せるお金を取り戻して、残っている借金を返すという事もよく行われています。

債務整理を心がけるなら任意整理でも

任意整理でもいいから、債務整理で減額しておくことが望ましいとしているなら、その方法を採用していくといいでしょう。減額される金額が小さくなったとしても、支払う報酬が小さいこと、そして返済しやすくなる良さを持っています。

債務整理には、高い報酬を支払う必要があり、弁護士に対してお金を多く払っていくようになります。支払えないような状態になってしまうと、逆に辛い生活を強いられることになりますので、支払いが行いやすいような方法を取りたいところです。任意整理の場合は、1つの会社に対して実施されるので、負担が小さいのです。

債務整理の方針は任意整理で判断

任意整理によって、多くの部分を判断できるようになれば、安心して債務整理を受けられるようになります。債務整理を実施していく上では、多くの問題が生じているとされていますが、その問題を任意整理である程度理解できるからです。

どのような形で減額していくのかもわかりますし、流れによって考えられるようになりますので、特別負担が増えることもありません。減額できる借金がある程度残されている場合、返済できる方法を模索できるだけでもかなり安心できることです。その返済についても考えてくれるところが弁護士のいいところです。

債務整理の自己破産は内密にできるのか?

今まで借金を内緒にしていた人も周りの人に言わなければならない時があります。それは自己破産をしたときです。債務整理の中でもこちらだけは内緒にして進めていくことができません。なぜ内密に進めていくことができないのかというと、差し押さえというシステムがあるからです。

こちらによって、ある基準以上の財産は没収されることになります。おおよそ20万円以上と言われており、20万円以上貯金がる人は超えている分が差し押さえになります。また持ち家の人は、家は差し押さえになります。ここで家族に内緒にしておくことが困難になります。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京の多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。