過払い請求の知識

過払い請求の時効

いつまでも無制限に過払い請求を行うというのは難しく、時効がきめられているので、その期間を過ぎた場合には請求して取り戻すという事がかなり難しくなる事もある様です。

時効はすべて借金を返し終わった時から計算して10年だそうです。10年というとかなり長い時間の様に思うかもしれません。

しかし、忘れてしまっている間に過ぎてしまったという事も考えられます。

また、過払い請求を行う予定であったとしてもどんな事があるかわかりません。突然何かの事情により取り戻すのが難しくなってしまう事があるかもしれません。

この様にいろんな事を考えたら少しでも早い間に、行っておく方がいいと考えられます。余裕がある時に行っておきたいですね。

過払い請求について弁護士に要相談

利息制限法のことについてご存じですか。本金の額に応じて三段階に分け利率の上限が設けられています。それよりも高い年利で貸金取引を行った場合は過払いが発生します。過払いが発生した分だけ、過払い請求を行うことが可能です。

近年この過払い請求に関して法律事務所がテレビCMで大きく取り上げています。では法律事務所の弁護士を依頼して行わなければいけないのか、実はそうではありません。手続きを自分で行うこともできます。しかし、時間と手間が大きくかかったり、可能性として家族にばれてしまうかもしれません。このようなことを避けるためにも、弁護士に相談することが一番確実且つ手取り早い方法になります。

過払い請求は弁護士に依頼します

過払い請求には期限があります。貸金業者への返済が済んで取引が終了している方は、できるだけ早めに請求する事が大切です。時効が来れば請求権は消滅します。業者が倒産しても払いすぎたお金を取り戻す事が出来なくなります。

個人で貸金業者と交渉するのは困難です。心当たりがある方は弁護士に相談する事がおすすめです。取引期間が長ければ長いほど戻ってくるお金は高額になります。注意しなければならないのは、貸金業者と現在取引中の方です。過払いの請求が債務整理とみなされます。債務整理をしたい方は過払い請求を利用するのがおすすめです。

多重債務者は全ての業者に過払い請求する必要はない

複数の金融業者から借金をしている多重債務者の中には、法律事務所に債務整理の依頼をすると、全ての業者に対して過払い請求や任意整理を行うことになると思われている方が多くいらっしゃいます。

これは誤解であり、全ての業者に対して手続きを行う必要はありません。債務者の希望を優先し、特定の業者のみ手続きを行うことも可能です。さらに、借金が完済される形で、過払い請求や任意整理を行うことが必須です。金融業界でブラックリストに登録されると、以後クレジットカードを作れなくなってしまうのです。そのような問題も考慮し、専門家と相談しながら、計画的に手続きを行なっていくことが可能です。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連