過払い請求の知識

過払い請求―司法書士と弁護士の違い

過払い請求をする場合、個人でやることも可能ですが、専門家に依頼することが考えられます。この場合、候補としては司法書士と弁護士が考えられます。

両者の違いとしては、前者に依頼する場合には債権額が140万円までに限られ、控訴はできず簡易裁判所までしか当事者の代理人になれません。

一方後者に依頼する場合には債権額に限定はなく、控訴も可能です。このように弁護士には限定なく事件を依頼することができますが、司法書士に依頼する場合と比べて費用は割高になりがちであるといえます。したがって、自身の置かれた状況を踏まえて、どちらの専門家に依頼するか検討する必要があります。

過払い請求は弁護士 に相談します

過払いはグレーゾーンで払いすぎた利子です。過払い請求は、取引の終わった貸し金業者に、払いすぎたお金を返してくれるように請求する事です。取引期間が長ければ長いほど戻ってくるお金は高額になります。

過払いを請求できる期限が決まっていますので、過払いの可能性のある人は、時効になって請求権が消滅する前に早めに請求します。貸し金業者に個人で交渉するのは困難なので、弁護士 に相談するのが賢明です。交渉力は重要です。依頼する場合は貸金業者との交渉に強い、債務整理や任意整理などの経験豊富な弁護士を選ぶようにします。

弁護士と相談をして過払い請求をしましょう

借金が多額になっていて困っている方は、借金相談を弁護士に行って任意整理を心がけましょう。任意整理をすることで、借金の減額や返済猶予の延長などをすることが出来ます。

借金の減額で一番効果的なのが、過払い請求で多くの借金で苦しんでいる人は、払いすぎた利息がたくさんある方が多く、払いすぎた利息を返してもらうことが出来ます。返ってきた利息は、借金の元本返済に充てることが出来るので、大幅な借金減額を期待することが出来ます。いろいろな手段を使い、借金の返済プランを立てることが出来るので、弁護士と相談をして対策を練るようにしてください。

多重債務は過払い請求に問題を起こす

多重債務の場合は、過払い請求をしたいと思ってもタイミングが上手くつかめなかったり、そもそも時効を迎えているものも多数出てきます。時効を迎えている過払い金は、既に回収できるものではありませんので、放置するしかありません。

過去に多重債務を抱えている人で、これから回収したいと思っている人でも、意外と難しいことが分かる場合もあります。放置していたことで、回収できないものが多数出てきて、過払い請求によって得られる金額が大幅に減っている可能性は高くなっています。そうした状況を作らないようにしっかり考えましょう。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京の多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。