過払い請求の知識

過払い請求で知っておきたい延滞損害金

過払い請求をする際に、支払いを延滞していたために請求額に違いが出てきてしまうのではないかと思い不安になる方が多いですが、これは違います。

支払いの延滞は請求には関係がなく、むしろ金利などの関係で通常よりも多くの過払い金の返還が見込めることがあります。

延滞損害金を取られていて、過払い金に心当たりのある方は、弁護士の無料相談会や無料相談フリーダイヤルに相談するのが得策です。過去には7年間の延滞があったケースでも、過払い金を請求し変換してもらった事例があります。

ですので延滞していても自信を持って返還をしてもらいましょう。

過払い請求には時効があるので、早め早めの対応が大事です。
弁護士や司法書士に相談するか迷う前に行動しましょう。

多重債務のときは過払い請求が可能になることもあります

過払い請求は借金に対しての利息を計算した結果、払いすぎていた場合に返金を要求することができるものであり、今現在で借り入れしているものに対しては請求することができません。この場合、利息額を減らせるかどうかを調整するのは債務整理と呼ばれます。

借金を続けた結果、返済できずに何社からもお金を借りてしまうという多重債務の状態になってしまった場合は、まずは専門の窓口に相談して、どのように解決できるかを探ることが必要です。多重債務していた複数の会社で、過払いになっているところがわかれば、過払い請求も可能になることがあります。

過払い請求を弁護士に任せるメリット

過払い請求は、借金の返済が済んで貸金業者と取引が終わった人だけでなく、現在返済中の人にとっても大事な事です。気を付けなければならないのは現在貸金業者と取引中の人にとっては、払いすぎたお金を取り戻すだけでなく、債務整理としてとらえられてしまうという事です。

債務整理の意思がなく、少しでも手元にお金が欲しいと思って請求するのであれば、請求するタイミングは弁護士に相談する事がおすすめです。個人で貸金業者とやり取りするのは困難です。依頼するならば、借金問題の解決に経験豊富で貸金業者との交渉に強い弁護士にします。

多重債務で過払い請求の問題点は増えていく

多重債務の場合は、過払い請求による返還は厳しいものとなります。成功するチャンスも結構ありますが、失敗する可能性もそれなりに高くなっていて、思ったような状況に持っていけません。

より多くの回収を期待したい場合には、過払い請求の手順をしっかり踏まえて、正しい方法で行ってください。裁判を行ってしまうと、かなり厳しい状況に陥りやすく、会社によっては影響が強くなってしまいます。回収できる金額を小さくしてでも全て回収した方がいいのか、それとも裁判によって全額返してもらえるように努力するかは個人の判断となります。

大阪で過払い請求の相談なら弁護士法人みお綜合法律事務所

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/
https://www.kabaraikin.com/
https://www.shakkin.net/
https://www.jikokaiketsu.com/
https://www.bgata-kyufukin.com/

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
TEL:078-242-3041

過払い請求関連

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報についてを掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、過払い請求、債務整理など借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京の多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにぴったりあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。